--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/28 (Thu) お礼

久しぶりにブログ記事を書きましたら、「拍手」から、またメールフォームから何通もメッセージを頂きました。お名前があったりなかったり初めての方だったり以前に頂いた方だったり。本当にありがとうございます。2年半前もそうやっていっぱいメッセージを頂きました。

心身共にとてつもなく引き篭もった毎日を送っていましたが
さすがにしゃんとしなければと、今は体を動かしています。

またいずれ、もしかしたら、お気楽ポパイブログが再開出来る時が来るかもしれません。


ポパイからも

本当にありがとう。

画像 063 のコピーのコピー

スポンサーサイト

未分類 |


2013/02/01 (Fri) また会える日まで

あの時は初めて会ったのに、ポパイと仲良くしてくれてありがとう。
前から友達みたいだった。

画像 1101 のコピー 

何年かぶりに写真を見るとみんなまだ若くて溌剌としていて

画像 1108 のコピー 

なんて楽しそうにしてるのか。

画像 1107 のコピー 



短い命。

画像 1098 のコピー

そうやってそこにいたことは忘れることはないから。

画像 1097 のコピー 





ポパイのことも

ポパイのこと今も忘れずにいて下さってありがとうございます。

Safari 003 

私も同じように出会ったみんなのこと忘れません。


未分類 |


2011/06/05 (Sun) ポパイの居ぬ間に

生きていれば、ポパイはこの6月9日で9歳になる。



画像 686 のコピー



******





ポパイが死んで体調は不調をきたし面白いようにいくつもの変調が。
「いいや、いや、いや、私は冷静やから」
そう思い込もうとしてた空回りのカスカス根性に全く体は付いてきてなかったようだ。
いくつかあるその不調変調で挙げられるものをひとつ言うと・・・
白い髪が・・どーーーーんと発生した。
鏡を見る度「え゛っ!?また増えてる!?」と目を疑う。
素直にアホみたいな顔して夫に聞いたもの。
「えーーっと・・・白髪って新しく生えるのん?それとも途中から色が変わるのん?」
ポパイを失くしたストレスで急激に体が酸化したのか?
それでもまぁ、ポパイを迎えて9年、私も9年分の歳をとったのだから
それを思えばそんなものだと納得しようかと思うが・・・・
久しぶりに会った妹2人が驚いたくらいだからやはりポパイのことが原因なのだと思う。

晩御飯の準備しながら、ちびまるこちゃんのエンディングテーマをテレビと一緒に歌いながらホロホロ泣けてきたり、ポポポポーーーンをフルコーラスで聞いて鼻ツーーーンっとなって涙にじんだり。
我ながら「どー言う事??」とつっこむも
・・・かなり弱ってることは確かなようだ。かなりオカシクなってるようだ。
未だポパイがいる体で生活したがってる。


*****


空元気の表れとしてポパイの居ぬ間にと、2人暮らしに戻ってから電車に乗るようになった。
ポパイをひとり置いてどこかへ行こうという気になどまるでならないし行くならポパイと行く、何が何でもポパイと行きたい。ポパイのおかげでそもそもの出無精に輪をかけてたのを少しは解消しようとがんばってた。

4月、遅めの桜を楽しもうと京都のお寺へ向かった。
ポパイとは何度も京都へ散策にでかけたけどお寺には入れない。
なのでお寺へ行こうじゃないか。

ポパイがいなくなって2度目の京都のお寺。


仁和寺。御室桜。

画像 807


龍安寺。石庭に枝垂れる桜。

画像 827 のコピー

綺麗でした。(周りの喧騒を集中力をもってかき消せば)

でも

桜は桜。

ポパイがいない事にはなんの変わりもない。

ポパイはおらん。



*****


去年ポパイと見に行った桜はララちゃんちから近くの公園の桜。

IMG_0455のコピー

去年の春のポパイ。いつものポパイ。
お友達と一緒だと本当にいい顔をしてる。


確か、季節外れの寒さで曇り空の夕方で人間は寒くて寒くて震え上ってた。
この後はすぐそばのショッピングモールのペットコーナーに入って、ウィンドウ越しに大きなウサギさんを見つけて嬉しくて気になって、ウサギさんのとこ行きたいと粘ったポパイだった。




桜は桜。



IMG_0448のコピーのコピー
    


ポパイがそこにいれば有名寺の桜でなくても有名公園の桜でなくても
すべての桜がそのときの空気と共に記憶に残る。
ポパイがいた桜の花は、あの桜もこの桜もどれもこれも忘れられない。



画像 805


拝観料を払っての京都の寺には、まあ当分は行かないでしょう。
その何でかを言うと毒を吐く事になるのでポパイのブログでは控えましょう。




梅雨に入って桜の話。

変わらずポパイのブログを訪ねて来て下さってありがとうございます。




未分類 |


2011/03/11 (Fri) ラーナくんと一緒

先日のホテル宿泊で、震えながら声にもならない様な声で泣いていたという
ボルゾイのラーナくん。
想像もしなかったラーくんの様子にパニックになったyayaさん。
それを知って胸が痛んで黙っていられなかった私。
なにせポパイが半日ホテルに預けられただけで血便になるような子だったから
ラーくんの気持ちもyayaさんの気持ちも自分達のことの様に解る。
(ラーナくんもホテル宿泊時血便経験犬であります)

かーちゃん命のラーナくん、ポパイがいてくれれば少しは心強いのだろうけど
イジケないか大丈夫かいなとちょっとばかり心配しながらも・・・

ラーナくん、お泊り保育でした。


ポパイに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいくらい究極にヨイコのラーくん。

ただ、『変犬』『ボケ神様』などと称されるほどの不思議ちゃん系のお子なので
いったい今どういう状況なのか?何をしようとしてるのか?とか
これはいったい?????という事も普段から少なからずあり
もう何年もの付き合いとはいえ
何をやらかすのかまだまだ解らないという点ではドキドキ感もありの2泊3日でした。



*****


ずっと止む事なく始終続いたのは 『 ガン見 』。

画像 772


いつどこからラーナくんを見ても目が合う。


画像 777


普段ラーナくんは専用個室のソファで一人落ち着いて過ごしてるので
パタパタと私が動きまわってると落ち着かないか・・・?と気を遣って
そーーーっと音を立てないように歩いたりしても


やっぱり見てる。


画像 769のコピー



夜遅くなって、就寝前のトイレも済ませ

ふぅ・・・さすがにもう寝たか?とそっとテーブルの下から覗いても、やっぱり


画像 780のコピー


目が合う。


画像 778



そんな感じで寝てない様に見えてても一応ちゃんと睡眠はとっていたようです。
夜はよく眠っていた様だし、そんな時はカウンター下の壁をバンバン音を立てながら
自ら蹴り倒していてもグーグー寝てたし。←(私の方がびっくりして目が覚めた)

ただ、明らかに「あ、今寝てるな」という時は
目を開いたままだったり、口が半開きだったりの上に
ものすごい勢いで体中をビクッ!ビクッ!っとビクつかせているので
具合が悪いのではないか!?と心配になり覗き込んでは元気なことを確認する。

画像 781
↑ 口開いて熟睡中



カウンターの下でマットに伏せようと10回くらいグルグル回ってるのを見たときは
まさか何かおかしくなったのでは!?と焦り。
(頭がカウンターに当たるのが気になってたようだ)

階段の最後の2~3段を、悩んだ末・・・バッ!と飛び降りて足を滑らせ足を打って
怪我した!?骨は!?と驚かされたり。
(一度でも難しいと思うとずっと難しいようだ、よって毎回要介添え・・)


画像 770のコピー


ツッコミどころ満載の2泊3日だった。



****


yayaさんがいない、ポパイもいない、寂しいやろか?いじけてないやろうか?


散歩は?と誘うと、「行きたい」と門の前で待ち、ぐんぐん足を前へ出して歩く。

庭に行けば、自分でおもちゃを取りに行って「遊ぼう」とガルルー言いながら持ってくる。


画像 763のコピー

ポパイと同じ一人っこ犬、人と一対一で遊ぶのは楽しい。

画像 785

久しぶりで私の方がよっぽど嬉しかった。

画像 786



それでも夜、庭で「もっと庭にいたい」と呼んでも戻らず
芝生にたたずむラーくんを見てるとやっぱり寂しいのかなと思い
「もうすぐ迎えにくるからね、ポパイがいたら寂しくなかったかなぁ?」と話しかけたりもした。
が、↑これは、後にyayaさんに聞くと単にボーっとしてただけらしい。・・・ナットク


*****


寂しいのかな、はやく家に帰りたいよな・・・?


そんな心配をしながらの最後の日の雨上がりの早朝の散歩。


その時撮った空を見上げるラーナくんの表情を見て


画像 766


心配なし、 と確信した。



なぁ、ラーくん、お空に何見てた?


画像 765


ポーちゃん遊びに来てへんかったか?


未分類 |


2011/02/27 (Sun) 繋がり

ポパイの親元様からメッセージカードが届いた。

共に封に収められていたのは数枚のポパイのお父さん犬『マッチくん』の写真だった。

ポパイには
 
     「ポパイ、あんたもお父さんみたいに立派になれよ
               もしくはちょっとでも追いつけよ」 と

何度となく話しかけていたものです。


ポパイはお父さんに似た子だった。
カラーが全く同じならそっくりな顔立ち。
写真の横顔のその目元は、まるでポパイそのもの。

この表情はまさにポパイで

マッチくん sa

もしこれがポパイなら
「ちっ、お仕事めんどくさーっ、だるーーっ、しょーもなーっ」
といったところだろう。


そして自宅の玄関先で風を受けるマッチくんの写真は

見る度にポパイに見えてくる。

マッチくん2aa

夫には全くポパイに見えるらしい。

1996年生まれのマッチくんは12歳で亡くなったそうだ。
お母さん犬ももういない。

与えられた時間には差はあっても、皆、皆、順番だ。

いっぱいいっぱいアフガンハウンドと向きあってきた親元のママさんは
もう別れが辛いから、とおっしゃった。


*****


ポパイ用の涙は未だ引っ込まないまま
ポパイが死んであっという間に半年を越えてしまった。
ポパイがいたこと自体ウソだったような、すべてが幻だったような
全部夢だったんじゃないかというそんな感覚だ。

***

ちょうど半年を過ぎた頃友達がblogでポパイの話をしてくれて写真をUPしてくれた。

初めて見た写真。
パソコンの画面上に見たのは間違なくポパイだった。

去年の夏のその後から6ヶ月後の初めて見たポパイに(初めて見るポパイの写真に)
表現がおかしいかもしれないけれど、衝撃を受けた。
間違いなくあいつはやっぱりこの世に存在したんだ。
夢じゃなくて、ポパイはここにいた。

ああ、やっぱり

2011-1-28-7のコピー

ぽーちゃんは本当に可愛いね。  (anitaさん ありがとう)

      
******


「気は優しくて力持ち、且つ

   格好よく優雅で男らしい立派なアフガンハウンドになれよ」

そんなことを話しかけながら育て共に生活して8年。

ビビリで慌てもので、優雅でもカッコよくも男らしくもなかったけど、そう

画像 028のコピー

ポパイはポパイらしくその8年間を私のところで過ごしたんだ。

ポパイをわたしのところへくれた何もかもの繋がりに感謝してます。

未分類 |


| TOP | next >>

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。