--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/17 (Wed) ディディさんの静かな週末

そりゃあ、ディディさんのお泊りは落ち着いたもんでした。
回を重ねる度、落ち着きもさらに増し、
留守番も

ディディ 「あ、そう、どうぞ行ってらっしゃい」と知らん顔。

気の向く場所でずっとゆっくりお休みでございました。
お休みでない時は常にお尻尾ブンブン振って大変ご機嫌。

朝は起きてすぐトイレを済ませ、その後庭へ行きたいと要求。30分程庭で過ごし「さーそろそろお腹減ったし」とごはんを食べに部屋へ戻り

またお休み。
20071017145337.jpg

お昼頃にはお外でもお休み。
20071017145741.jpg

言うまでもなく夜もぐっすりお休み。
20071017145326.jpg


ちなみに土曜日は6時半に私が先に起きトイレを済ませたディディですが、日曜日はすっかりディディさんのことを忘れて眠りこけていた私。
ディディさん「おしっこに行きたいねん」と、寝室まで起こしに来られました。←結構切羽詰まってた模様。スマン。

2泊3日、何をする訳でもなかったけれど、ディディさんの週末は静かに楽しく過ぎていきました。
ただお泊りしてる事それ自体が嬉しいようです。


********

おまけ

ディディさん実はたいそうな掘削犬であります。
若いもんには負けません。

ザクザク玉砂利掘っとりました。
20071017145354.jpg


20071017145411.jpg

そこならいくらでも掘ってよし。

スポンサーサイト

お友達と一緒 | comment(2) |


2007/10/15 (Mon) 3姉妹揃って~そしてよそ行き志野ちゃん

引越して家が近くなってからちょくちょく行き来はしていたものの、3匹さん全員でのお越しは初めて。
20071015210929.jpg


まだまだ遊び盛りの志野ちゃん。初めてうちに来た時は、お家探検を楽しみながら家の中でも非常に良い子にしていた。
庭でも良い子で遊んだ志野ちゃんだった。


私 (-∀-) 「志野ちゃん他所ではエエ子やね」
ディアママ ( ̄w ̄) 「ふふ、家でもエエ子よ」


2回目の来訪のこの日の志野ちゃん。
初回とは様子が違っていて、家の中で、自由気ままに休む事なく遊びに徹しておりました。
20071015210956.jpg

そして小物数点が略奪破壊の危機に。
初回のお姉さんぶりは何だったのか?遠慮してたのか?

日が傾き始めてからは皆でヨイコで庭で遊んで~
20071015211016.jpg

20071015211033.jpg

しっかり運動をして帰って行った。


***********


この2日後。

ディディさんお泊り保育につき、ディアママがディディさんを連れてやって来た。
ケーキを下げて・・・『白いの』と『黒いの』も付き添って。
20071015211115.jpg

↑これはついでに『白いの』と『黒いの』も連れて来る事で、この日の散歩代わりにしようというディアママの魂胆である。


私達は庭でお茶とケーキを頂きながら犬達は放牧。

さて、来訪3回目の志野ちゃんですが

どうも石ころ集めが楽しいらしい。
まだ花壇が充実せず土がいっぱいのうちの庭。
なんぼでも石ころが埋まっている。
せっせとあちこちで石ころを探す志野ちゃん。
つまりはせっせと地面を掘ってくれるのであります。
初回から穴堀りはしなかったので、掘らないものと思ってて各所のガードをしてなかった。

どちらかというと隅っこ好きの葵チャンが植え込みにモリモリ入るだろうと思ってそちらを気にしていた。

頼んでもいないのに小まめに庭仕事をして下さる志野ちゃん。
20071015211048.jpg

慣れてきて、ついに自分ちで遊んでる感覚になって来たな。

次回からは「志野ガード」を徹底的に置くからね、志野ちゃんっ。
・・・・考えてみれば、いや考えなくても、ディアママ宅は「志野ガード」だらけじゃないか・・・。不覚。

******

それにしても今までなら「葵ちゃんガード」をまずは考えなきゃならなかったのにな。近頃の葵ちゃんは何だかおとなしい。。。


私 ( ´・ω・) 「ねー、葵ちゃん、落ち着いたね~」チョットサミシイヨウナ

ディアママ ( ̄w ̄) 「ふふ、そう思う?」ニヤリ

ディアママのこの手の微笑には注意せねばなりません。

********

一緒に帰る気が全くないディディさんを残しディアママと2匹は家路に。
ディディさんは2泊3日のお泊りです。

お友達と一緒 | comment(4) |


2007/10/11 (Thu) 六甲のドッグラン

六甲山に期間限定のドッグランがあると知り初めて連れて行きました。
画像 1150

ご機嫌だったポパイ。うまくやっていた。
画像 1146

大きなバーニーズが人が地面に置いていた荷物につまずき大きな音を立てた。ポパイ、それに「ビクッ!!」と反応。その直後近づいてきたそのバーニーズに威嚇。その「ビクッ!!」前まではその子とも上手に挨拶してたのに。あほポパイ。

もしかしたらポパイ以上にビビリかもしれない私は早めに切り上げ芝生の広場で休憩。
画像 1158

ドッグランには訓練士と思われる人がいて、入場前に何やらいくつか質問をして下さる。
で、常にラン内を巡回、声もかけ。
入り口は係員が開け閉め、新たな犬が来ると
「ワンちゃんはいられまーーーーーす」と大きな声でお知らせ。
私の性格上はひっじょーに面倒くさーーーーい感じではあります。
でもまあそんなうるさい雰囲気があるのはそれはそれでマナー向上に繋がるかと。
実際、来られてる人犬、ヨイ感じ。
でもやっぱりそういうのはめんどくさいワタシ。

施設内の芝生のひろ~~~い広場は大変気持ちがヨロシイ。
気温はさすがに低く、下界より7度低かった。
人間には寒いくらい。
しかし、犬と一緒に食事するレストランなどは無く、売店は不味し。
半日のんびりするつもりでお弁当持って出かけるのもそれはそれで良いかもしれないが、
駐車料金+施設入場料大人2人+犬、さらにドッグラン入場料。うちは~~~もう来る事ないかな。たぶん。

この日の収穫。
人に対しても以前は警戒心がかなりつよかったポパイ。
ちょっとづつ人を怖がることも減ってはきていたのだけれど、
この日のポパイは大人に不意に触られても子供に不意にワシワシされても常に平常心で知らーーん顔。
画像 1148


ポパイ5才。
随分心も成長し、
ゆったりと落ち着き充実してきた感がありま・・・
画像 1155

・・・・イヤイヤマダ、モウチョットだわ。

ポパイとおでかけ | comment(8) |


2007/10/08 (Mon) 猫さんへの執着

相変わらず家の前数十メートルの範囲の野良猫探しにその興味のほとんどがあるポパイです。
20071005200916.jpg

お腹の大きな猫がいたかと思えば、しばらくして子猫がニャーニャーと歩いていたり、猫に食べ物をやって、で、結果繁殖させている人がすぐ近所におるらしいです。それでもネズミ講式(?)に数が増えないのは冬が越せなかったりして死んでいるからなのでしょう。(野良は3年ほどしか生きないと聞いた記憶がある)何故毎日毎日食べ物をあげる労力とお金があるなら手術をしてやらんのか。
猫が可哀想で、で、腹立たしい。

引越し当初、うちは常に猫の通り道になっていた。
最近はポパイの投入によりさすがの猫さんも敬遠しているようで、それでもちょうど引越しから今まで夏場の、ある意味ポパイの休眠期にあたったこともあって、時々猫達がたたずんでいたり。
ポパイの様子を見ていればやはりいまだに猫が庭を通行している模様。

***************

その猫に興味津々のポパイ、引越ししてしばらくの頃にさかのぼって。

猫の糞が敷地の西側の通路に日々落ちていた。
その場所にポパイが行かないようにと、よく大きいラティスで通せんぼをしていた。
そんな通せんぼをしていたある日、

庭の水遣りをしていた私。
ポパイから目を離した一瞬で・・・
ポパイが消えた。

呼んでみた。現れない。

どこ?どこにもいない。まさか門から出た?!

門の方を確認。
いない、そして門は閉まってる。

でもポパイはいない。どこ!?

・・・・通せんぼをしたその猫の糞が頻繁に落ちてる西の通路の確認はしていない。
だって行きようがないやんか。・・・ラティスでふさいでるんだから、、、そっちになんて行けるはずない。

でも消えた、ポパイが消えた、どこへ?焦った。すごく焦った。
夢じゃあるまいし・・・。

疑心暗鬼になりながら確認した。
西側の通路のラティスの向こう側を。

・・・・いた。

こんな風に2枚の大きいラティスでふさいでいたその向こう側に。
20071005201001.jpg

我が目を疑った。
(なんとなく向こうに見えているのはポパイであります)

さらに後日。
またポパイが消えた。

で、またいた。
ラティスの向こう側に。

その時のラティスは倒れてこんな風だった。
20071005201038.jpg

ビニール袋一つ落ちてるだけで前に進めないビビリ犬ポパイがでかいラティスを飛び越える・・・?

ポパイ、、、、あんたホントに飛び越えたの?
もしくはあんた、
いったいどれだけのジャンプ力があるのか?

(いや、たぶんかなりのジャンプ力はあると思われ)

今回そんな事を思い出し、同じように閉じてみましたが

「これ、どけて」
20071005200803.jpg

と、フガフガとラティスを鼻で突くポパイ。
この2枚重ねを飛び越えたのか?ほんまに?

***************


さて、さて、引越し後、そんなこんなで猫遭遇率がグンと増えたポパイ。
道で会う猫に過剰に反応する事が少し減りました。
っていうか、興奮は十分しますがちょっとマシです。

昨日は近所の野良(とおもわれる)の顔見知りのトラ柄猫さんの1.5mまで近づく事ができた。
猫もエエ根性で、ぎりぎりまで逃げず。
いつかはお友達になれるのか?位の距離まで接近。
いつかはお友達に?!・・・・・ナイナイ・・・。
んで、ポパイの勉強のためにとそれに付き合って私は・・・・最後の強力な引きによりこけました。とさ。当然軽く流血。

今日もガレージの隙間からの猫さんウォッチングに余念のないポパイ。
20071005200704.jpg

やっぱりハズカシイから。
20071005201420.jpg

アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(12) |


| TOP |

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。