--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/29 (Sat) 肉球が・・・・・

私がそれに気がついたのは一昨年の夏。
夏場、散歩をしなくなったポパイのお風呂終了後のドライ中のことだった。
暑くなってから、ろくに歩かず庭でも運動せず、刺激を受けなかった肉球が





毛羽立っていた。





わたくし、そんなの初めて見ました。
トリミング台のポパイの後ろ足握って思わず一人でしゃべってましたから。

「え゛え゛ぇぇぇ・・・・・肉球毛羽立ってる」

この肉球の毛羽立ち、

どんなかと言うと、肉球の表面のひとつひとつのプツプツが伸びていて
長いところは引っ張れるほどの状態。

えーーーーっと例えるならば・・・・




・・・・・イソギンチャク。(海の、海にいる、あれです)




ポパイの肉球ってたしか石みたいに硬くてつるっとしてて碁石みたいだったはず。
っていうか肉球ってプツプツの集合体(?)だったんだ・・・。

お風呂の後って肉球がふやけてます。ぷよぷよです。
だからこそのイソギンチャク状態なのです。


なんじゃこれは?どうなってんじゃ??とプツプツを摘んで引っ張ると・・・


ゴムの様に伸びて、


プッチンと切れたし。


「・・・うっそぉ・・・」


衝撃を受けた私だったのでした。


画像 073

一昨年、去年の夏のポパイの肉球は後足の左右ひとつずつの肉球が同じように毛羽立っていた。(これはポパイの歩く時の体重のかけ方の癖のせい等の為と思われます)
秋になり冬になると、活動量は増え、肉球はまた元通り。





今夏ポパイは全く外出しません。
いや、出来ません。させられません。

実は「コワイコワイ」が再発悪化していたのであります。
ここのところ、たいへん、たいへん深刻な事態になっておりました。(おります)

その上、夏ともなればさらに庭にも出ず動きませんから。
一日どんくらい歩くか?
朝起きて外でのトイレと、夕方のトイレ及び運動の為の強制退出で南の庭までの往復2~3回?

以上です。


ポパイが生まれてから7年。
その7年間で一番運動しなった今年の夏の今日のシャンプー後、
私はさらに毛羽立ちが激しくなった今夏のイソギンチャク肉球を見たのだった。

去年までは後ろ足の特定の左右ひとつずつの肉球だけが際立って毛羽立っていたのが



今夏の今日は

画像 074

すべて肉球がそれぞれ多かれ少なかれ部分的にワサワサと毛羽立っておりました。

画像 072のコピー


それでは


最大のイソギンチャク肉球の一部をUPでどうぞ。


画像 072 のコピーのコピー

↑こんなん見たことありますか?
私は衝撃を受けましたから・・・・。



後足のみ毛羽立ちます。

この柔らかいプツプツワサワサ感の『ギンチャク肉球』が見られるのは
お風呂の後の肉球プニプニの時のみです。
乾燥するとプツプツワサワサはカチカチのガチガチになり、まるで木の棘の様。
直接肌に当たるとても痛いのであります。


ポパイの『碁石系肉球』はどこへ行った・・・・。

皆さんちの肉球は普段『何系』肉球ですか?





皆さんちの肉球、


画像 076

毛羽立ったことありますか?

この時期毛羽立っちゃいませんか?

スポンサーサイト

アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(12) |


2009/08/06 (Thu) ガム事故

ポパイが『喉を詰める』『口の中に引っ掛ける』ということにはいつも注意を払っている。

前にも書きましたがポパイは慌てものですから。

『喉を詰める』

ポパイは慌て者の鵜呑み野郎で、ゲホッと喉を詰まらせての反すう食いもよくある事。
これは当然要注意である。

そしてもうひとつの私の言う『引っ掛ける』

これは口の中に(歯の隙間等に)食べたものを引っ掛けて取れなくなってしまう事。

Safari 026



この『引っ掛ける』に注意を払うようになったのは
ミズキ(♀アフガンH)が一度やったことがきっかけだった。



***


当時私はもう結婚して実家にはいなかった。


妹によるとこうである。

実家犬ミズキ、ある日、口が・・・口が閉じなくなった。

ヨダレを垂らし、口がきちんと閉じない。

妹はミズキを連れて病院へ走った。
しかし大概こういう緊急の場合、頼りにしている掛かり付け医さんはお休みだったりする。
仕方なく初めて行った病院での診断と処置はというと、

『わからない』 ⇒⇒『点滴をしましょう』 

これで帰された・・・・。(とりあえず栄養が摂れないから点滴?意味不明である)

妹は言われるがまま、仕方なく高額の医療費を払って帰ってきた。

なんだったんだあの点滴は?あの診察は?と腑に落ちない妹。
とりあえず家に戻り口が閉じないミズキをじっと見、しばらく考えていた。

「何で???」

そしてミズキの口を手でガーーーッと開け、口の中を観察。

すると・・・歯の隙間にちらりと何かが見えた気がした。
そう、異物らしきものを発見したのだ。

そしてそれを指先で触ると

コロッと落ちたらしい。

単純に食べた物が歯と歯の隙間にうまい事引っかかっていたのだ。

こうして一件落着。


そんな事もあるのね・・・・。



*****



その話しを聞いていた私はそれ以来、固いものを食べさせているときは
もしかしたら同じようなことが起きるかも知れないことも想定して
ちゃんと食べ終わるのを必ず確認するようにしている。

実際のところポパイのやつ、いつだったか
ほっぺたの肉と、奥歯の歯茎の間にガムの欠片を引っ掛けまして・・・
ひとり慌ててるのを助けたことがあるのです。
2度ほどあったような気が・・・・。
やはりドンくさ犬ポパイ。しっかり観察はしなければなりません。




*****



そしてここから最近の出来事です。




ポパイに朝食後のおやつの犬ガムをあげた。

食後のデザートを嬉しそうに自分のおふとんに持って行って食すポパイ。

いつも、ガッ、ガッ、ガッ、とあっという間に噛み切り食べてしまうポパイ。
台所仕事のため数秒目を離した私。


ちゃんと食べてるかな?とポパイに目をやると


立ったままうつむき、前足で口元を引っかくような仕草をしていた。


すぐに解った。

「あ、おかしい、引っ掛けたな?!」

助けに行った。



以前、頬と歯茎の間にオヤツが挟まっていた時と同じように、手で頬あたりを撫でたり押したり。
頬に引っ掛かっていれば指で触れば解るし、きゅっと押してやれば移動して取れる。


しかし、指にガムの感触が無い上、ポパイの様子は変わらない。
そしてポパイはますますパニック状態で口元を引っかく仕草をし、胸や耳の毛をまで口に入れてもがいている。

「まさか、喉を詰まらせた?!」

今度は、喉を撫でたり、背中を叩いたり。

やはり変化がない。

さらにパニックになるポパイ。

「まずい・・・まずい、やっぱり喉を詰まらせた?!」

ポパイは変わらず、前足を動かし渾身の力でなんとかガムを取ろうとしている。


そして時折、数秒固まって、遠くを見た。

その表情ももう普通ではなく・・・・もうこれは尋常ではないと思った。



実は私はこのとき、
このまま喉を詰まらせたポパイを死なせてしまうのかと覚悟したのだ。

情けない話し私も頭の中は完全パニック。
ほんの短い時間でグルグルと色々なことが頭を巡る。
本当にこの子を死なせてしまうのだとそう思うまでにポパイはもがいていた。

しかしそんな中、
いや、私があせってはいけない、落ち着かなければと奮起する自分もいた。



そして



もがくポパイをなだめながら、両手で口を掴んでゆっくり大きく開けた。
普段なら抵抗しそうなポパイも、もうこの時は素直に従った。



そして、冷静に冷静に・・・・と自分に言い聞かせ口の中全体をしっかりと見た。



すると・・・・・


見えたのだ!ガムが!






いったいどこに、どういうふうにあったと思いますか?ガム。




それは・・・・・・・・解りやすくイラストでどうぞ。



画像 052-1のコピー




と、このように上顎の一番奥の奥歯と奥歯の間にきっちり見事に挟まっていたのだ。

後になってみれば、なんちゅう絵に画いたような収まり方・・・と感心しきり・・・。







「!!!!!」

「見えた!!!あった!!どうする?!焦るな!慌てるなアタシ!」

すぐに台所から柄の一番丸く太いスプーンを持ってきて(←かなり冷静、我ながらエライ)
もう一度ゆっくり、今度は片手で口をあけさせた。
やはりポパイは自分の普通じゃない状況に、もう観念していておとなしく従う。



見えたガムをスプーンの柄で軽く突いた。


そしたらホロリと・・・


落ちた・・・・。




ああ、良かったよーーーーー。



一時でもポパイを死なせてしまうと思った私は
安堵感から体が震えるわ、腰が抜けたようにヘナヘナになるわ。


私のその普通ではない様子がわかったのと、
自分が危機を脱した事がわかったのとでだろうか
ポパイは尻尾をゆっくりユラユラと振って私に抱かれておりました。




嘘みたいなアホな事故ですが。
こんなこともあるかもしれないと、どうぞ頭の片隅にでも留めておいてはいかがでしょうか。
もしかして役立つこともあるかも?(無いか?)



あ、言うまでもなく、口から落ちたガムは


Safari 007


ポパイが迷うことなく直ぐに食い直しましたから。アホラシ・・・・





アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(4) |


| TOP |

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。