--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/10 (Wed) 腹時計

今まで平日(早)も休日(遅)も常に起床時間は私らに合わせていたポパイが


どういう訳か


最近休日朝寝坊をしてくれません。


(・・・・私はゆっくりしたいの)


ゆっくり寝てくれる様にと休日の前日は平日より夜遅めの時間に最終しっこをさせてもやっぱりだめで、しっかり朝早く起きて「ご飯ご飯」と要求するようになったのであります。
本来大人なポパイは12時間程度はグーグー寝ていればいいのに。
ちょっと前まではそうだったのに。



私らの寝室はポパイが寝ているダイニングの半階下。
夜中でも常にポパイの気配が解るように寝室の扉は開けっぱなしにしている。
ポパイの寝返りの音、寝言、足音、耳を澄ませばポパイのそのときの動きがすぐに推測できる。
ポパイに何か起こればすっ飛んでいける様に。



ポパイはひとり勝手に寝室には来ない。
半階下の寝室の私をポパイが起こす手段は「声」のみ。
私に聞こえるように(聞かせるように)声とか鼻音(というか)を出す。


その声は最初、まるで文句言いたげな低音の
「う゛ーーー」「う゛ーーー」から始まって(『潜望鏡』のときと同じ声)

こちらの反応がないと、ちょっと甘え気味に
「うぅ~~ん」「うんっうんっ」「うんっうんっ」 こんなようなのを連呼。

ま、そのうち諦めるだろうと無視してると(寒いし布団から出たくない私)
続いては悲しみに溢れた感の
「はふ~~ん・・・・・はふ~~~ん・・・」に変わっていき


さらに最後には震えて消え入りそうな超高音の
「ふ・・・ふぅぅぅ~~~ん」「ふ・・・ふぅぅぅ~~~ん」


もうここまでくると私も我慢限界。もう無視出来ず・・・根負け。

布団から出ると気配を察してさっきまでの文句鳴きはとたんに止み、
見上げると、毎度亡霊のように階段ギリギリのところに立つ、ポパイが・・・。

画像 567


こうやって自分で決めた境界ギリギリのところまで来て、
こっちに向かって延々フガフガ言ってる訳です。


~ 話はまるで逸れますが・・・もりもり増毛期中につき
   スヌード装着時のパツパツ感が明らかに増す今日この頃のポパイの頭デス ~


頭毛わっさーのこの姿で
私を上からじっと見つめ、私が階段を上がろうとするのがわかると


画像 567aのコピー


スッと向きをキッチンの方へ変えて、スタコラサッサと飯待ち位置へ。
さっきまでのこの世の終わりのような声はどこへやら。



画像 522



何で休日の習慣がここへ来て変わったのでしょう?単に食い意地か?

お願い、ポパイ

日祝の朝は寝かせてください。

スポンサーサイト

アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(6) |


| TOP |

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。