--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/18 (Sat) ポパイのいない庭

ポパイの最後の写真はラーナくんが遊びに来た時にyayaさんが撮ってくれたもの。 

7月11日のポパイ。あの日のたった20日前。

そうか、このときは
 
10-07-11-10[1]aのコピー

明るい色のマンダリンが随分ワッサリと伸びてたんね。



心の友と

おケツとおケツを合わせて

10-07-11-00[1]のコピー
                                   
・・・・・・・・幸せー。


*****


ポパイが入院してから、ポパイが死んでから
カーテンは締め切り、光も遮って、見事なまでの引き篭もり。
人に接触する事はもちろん外の空気を吸うことさえも怖かった。
とにかくすべての刺激を避けてひとりでいることでバランスを保とうとしていた。
集中力は皆無。ただソファーと一体化。

ポパイの入院中は時間が経つのがとてつもなく怖かった。
ポパイが死んでから後は時間が経つ事だけを望んでた。

どんだけ名前をよんでも待っててもポパイが駆け下りてきてはくれない庭は
怖くて怖くて窓から眺める事さえも出来なかった。

でも庭の池と水鉢にはお魚がいるので庭にも行かなければ。
ビオトープとはいえ時々はごはんもあげている。

ポパイが死んで数日後、お魚にパンくずを持って行った。
パラパラとパンをあげながらぼんやり水面を見ていると
どうも魚影が今までと違う事に気がついた。 どう見ても数が多い。
黒い小さな魚が増えてる?見間違い?
いや、やっぱり増えた?ほんとに?
まさか増えるとは思ってなかったのと
なんかよく分からない小さくて黒いのがチョロチョロチョロチョロ泳いでるのが可笑しくて

可笑しくてひとり池を眺めながら笑ってしまった。


ポパイが死んですぐ、友だちが
「ぽーくんの体はお空にのぼって行ったけど、魂はお家にいると思う」
そういってくれた。

チョロチョロ泳ぐ黒い小さいのを見ながらそれを思い出した。

ポパイは家にいる・・・そう思うのもいいかもしれないなって思った。
家の中にいてほとんど動けない私に、いつもどおり今日も庭に下りたポパイが
「お庭に来んか」と遊びに誘ったような気がした。

私を庭に連れ出すためにポパイが魚の赤ちゃん連れて来た?
って、そんな訳はないのは分ってるけどそう思ってみるのもいいかもしれないと思えた。




今年の蓮はもう鉢が小さすぎるのでしょう、
ひょろひょろの細ーーーいのが2本だったか3本だったか咲いただけ。

画像 605 

温帯性の青い睡蓮はついこの間までポコポコ次々と花を咲かせてくれた。

ポパイがポパイの時を止めたと同時に私も時間を止めたように暮らしてたけど



悲しいけど

画像 616  

何もなかったように確実に時は進んで季節は流れてるんだな。


スポンサーサイト

未分類 |


| TOP |

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。