--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/01/25 (Wed) 茶々の日常

猫の茶々は毎日毎日、欠かすことなく獲物をお持ち帰りなさったそうです。

ヤモリ、トカゲ、ミミズ、その他諸々。ネズミ生きたままも・・・・。パニック

私も畳の上にトカゲがひっくり返っているのを見た。
絨毯の上に得体の知れない何かを何度か見た。
絨毯の柄が邪魔して、獲物が落ちていることに気付くのが遅れて<踏む> という悲劇に何度も見舞われる気の毒な母。
そんな茶々が「一緒に寝る (=・ω・=)にゃ~」
と言いながら毎晩布団に入ってくることも恐怖、と語る母。


DSC00974a.jpg


***********


それから

ほどなくして茶々には猫の友達が出来たそうで・・・ (゚д゚)
天気のいい日は隣のお宅の庭で2匹で遊んでるらしい (´・ω・`)
友達猫を家に招き入れてフードの御裾分けをしたりもするという Σ(゚д゚|||)

お友達猫は何匹かいるのか?私も一度遭遇した。
ポパイが二階に置いてあるベッドの下をしつこく気にするので、覗くと白い美しい毛並みの美猫。どう見てもあなたは飼い猫だ(笑) 運悪くポパイに遭遇したこの猫はもう二階でのお昼寝やめたかな?(笑)
 
DSC00979_20170124144142735.jpg
    (ポパイを狙う茶々)


******


ある日は

茶々が家の中にいると

⇒ 縁側に友達猫が 「あそぼ (=・ω・=)ニャー」 と現れてお出掛けのお誘い
⇒ 茶々が応じて2匹でどこかへ
⇒ 夕方には友達猫と共に2匹で縁側まで帰って来る 
⇒ 茶々は家の中へ
⇒ 「じゃあまたね(=・ω・=)ニャー」と 友達猫はどちらかへお帰りに Σ(ω  ) 

・・・・嘘みたいな事をやってくれる茶々です。

DSC00883.jpg
     (↑ 狙う)


こんな感じで茶々は毎日楽しい充実猫なのです。


***********


DSC01106.jpg
     正面から攻めに行って・・・・・
DSC01104.jpg
     ポパイに気付かれ急ブレーキ



DSC01001.jpg

基本は、そーーーっと後ろから、

もしくは隠れておいて


不意打ちを狙う。

1485253689gxgbcyKPjOPrbw51485253013b.gif



犬を心得ている茶々。

茶々はポパイのこの動きにも上手く付き合えます。
14852420419dRO7NPm3x5c6qu1485241869.gif


写真は実家に行って半年も経たない頃です。
最近会ったのはひと月前。
ポパイのことも私のことも忘れることなく、出会った頃と変わりませんが、
2年ちょっと経って茶々も少し大人になって以前程やんちゃじゃなくなったかな。

スポンサーサイト

アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(2) |


2017/01/21 (Sat) その後の猫のこと

野良猫の茶々、あれから2年ちょっと経ちました。

DSC00519.jpg

DSC00498.jpg

自由な暮らしをして来た野良猫茶々さん・・・・。

猫が私の実家に到着してその後のこと思い起こしながら書きます。

******


とにかく母には猫を絶対外に出さないように頼みました。
それはもう念を押して念を押して。
家には出入りできる場所がとにかくいっぱいあります。母親世代はとにかく窓あけるし。
今まで載せてきた写真で見てもお分かりのように、うちの実家は昔の和風建築の家で、南に面した縁側はすべて廊下中出入り可能。軽い引き戸の玄関にこれまた軽い緩い勝手口、二階の部屋四方に窓。門は誰か来たらもちろんそのまま開けっ放し。門など関係なく庭に出てしまえば柿の木伝いに敷地の外へ、二階からでも柿の木を伝って外に出られます。今までの猫はそうやって出入りしてました。(縁側には過去に猫ドア設置済み)

1417395198115.jpg
  (実家到着から一週間程の猫 嘘みたいに馴染み過ぎ)

実家に着いてまずはケージ暮らし、ケージから縁側廊下へ、そして居間と、それこそ一日一日行動範囲を広げてもらってなんの躊躇もなく慣れていく猫。
母に可愛がられ美味しいごはんを食べおもちゃで遊んでもらい、暖かい寝床で過ごしながら・・・・

しかし、その間、猫は生活の様子をしっかり伺っていたのでした。

母が言っていたそうです。
「毎朝5時半に新聞を取りに行く時には茶々が外に出る隙を狙ってる」
「もうそろそろ限界」と。
そして10日程経った頃だったと思います。

事件発生。

猫脱走(笑

実家大騒ぎで探し回っても見つからず(見つかるわけないわな)
えらいこっちゃと途方に暮れる実家。 👈 事後報告
そんな人間パニックの中、猫は・・・

翌朝しら~~~っと 朝帰りしましたとな(笑


この24時間の家出でどこで何をしていたのか。
そしてこれで何かに納得したようで

翌日から猫は暖かい日は昼は外出、夕方には帰宅という規則正しい自由な生活をはじめました。
いったい何をしに出かけてるのか????


うちの実家は都会のすぐ片隅の旧家の集まる田舎で小さい車がやっと入れる道が入り組んでいて、少し行けば田んぼが広がっている。外猫で・・という事は今は基本許されないことではあるけれど、猫は元々が野良で自由に暮らしていた。そんな子を家に閉じ込めればとてつもないストレスになってこの子を潰すことになるということは端から考えていたことなので、これでよかったのだと思っています。
ここのところは賛否あることは解ってますが、この子はこれでいいんです。実家もこれでいいんです。田舎でこのようなことがまだなんとか許される環境であるとご理解ください。

こんなことになったので避妊手術をしたりと、妹がバタバタと慌てて済ませてくれました。妹は病院担当なので茶々との関係は微妙なようです(笑

猫、とても幸せそうです。
そして充実した毎日を送っています(笑

1417395216926.jpg
(これも同じ日の一週間程の頃、恐るべき適応能力)
1417395230446.jpg


ところで

どこそこで野良で保護された猫の事を読んだことあって
神経質な猫にストレス与えないように無理に触らないとか抱かないとか膝にのせないとか、そんな様子の話を読んだことあったので、ずっとそれが頭に残ってて(やはり茶々は野良なので手を急に差し出したり、人間が動いたりするといまだにビクッと反応します)猫には私、随分気を遣ってたんですが

母と猫を見てると、いや、それそんなに関係ないな・・・と思った。
思い起こせば母は猫好き。(私は産まれて間もなくの乳飲み子の頃からどでかい猫と一緒に寝てたらしいし)(その猫は子守りしてくれてたのかも)

母と猫。
それあかんのでは?っていう「雑さ」も
結果としては「良し」なんやねという感じ。いい意味で。

1484817547413 (003)

首キメてるわけじゃないよ(笑

1484817547777 (003)
これも実家に行ってからそんなに時間経ってないです (驚!

アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(0) |


| TOP |

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。