FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/28 (Wed) ひとりでデキるコ

無事にブツ取り手術を終えまして糸が完全に落ちてくれるのを待つばかりのポパイです。
(けっこう時間かかってる)


****


さて病院でのポパイはあなた、やはりそりゃぁもう グダグダですから。

病院で痛い思いした事なんぞいっぺんもありませんよ。なのに
待合では出入り口に張り付いてピーピーピーピー泣く、時には震える。
診察室でもピーピー鼻鳴らしながら、先生の顔見りゃ逃げ壁にへばりつき隙あらば脱走も試みる。



病院、お医者さん=とにかく怖い らしい。


ただ、そうやって「コワイヨ コワイヨ イヤダヨ イヤダヨ」と
いかにも可哀想な自分を猛烈にアピールしてますが胸の鼓動などはいたって落ち着いたものらしく、ヤツがやはり必要以上の大げさ犬であることはなるほど納得している。

さて、ブツ手術にあたって
お医者さん 「このコ、動き見てて若いかと思ったらもう6歳半ですか。
         手術(+麻酔)に問題ないかどうか、血液検査をして胸の写真もとります」


採血にレントゲンか・・・・。考えただけでも疲れが出てくる。

まず採血。
総出で励まし励まし体を抑え、もちろんお医者さんの手元は見せないようにして何とか終了。
その時のポパイの顔っちゅうたらこの世の終わりみたいな情けないものだった。

そして続いてレントゲン。

ここからはポパイをリードごと渡し任せる。

お医者さん 「じゃあ、預かります」(プロテクター装着でさらに不信な感じに)

私「しっかりねーーーー」

出ていく私をまたもこの世の終わりみたいな顔して床を滑りながら必死で追うポパイ。
そして総出で脱走阻止。
もうますますグダグダ。ガンバレポパイ、イッテコイポパイ


待合で待つあたしの胸の内は・・・
「胸のレントゲン・・・・ふふ・・・そんなこと、アイツ、できるのか(|||-∀-)??」
一抹の不安と、しかしなんとかなるだろうと言うお任せ気分の中待つこと数分。

(なんの物音も声も聞こえてこない)


先生出てきてレントゲン撮影終了。


撮れてました。



私 「撮れましたか・・・・撮れたことに驚いてるんですが」( ̄w ̄;)クス

お医者さん 「撮れましたねー じーっとしてましたよ」((@^ェ^@)) ニコ


大変良い子で落ち着いた様子だったらしく
ポーズとらせればそのまんまじーーーーーーっとしてたんだそうで

万歳と横向き、2ポーズ完撮。
あのポパイが・・・ああ、うそみたい。


そう


実はと言おうかやっぱりと言うか、ポパイ


本当は1人で出来るコなのだ。


そしてそう確信する中、もうひとつはっきりしてたのは


私や夫がいるとダメダメになるということ。



*****



数時間後、手術も終わり目も覚めてお迎えに。

道路から見えたのは「お外へ行きたい」と出入り口にへばりつくポパイの姿。

中では静かにしていたのに待合に連れてきたとたんドアにへばりついてのピーピー状態になったらしい。
お迎えに喜ぶ素振りも見せず、私には目もくれず、私の後ろでドアに向かってピーピーピーピー。
もー!気が散ってお医者さんの話しにもろくに集中出来んわ。
外行く外行くって、、、、あんたそこから1人で出て行っていったいどこへ行く気よ?

あぁあ、大きな図体して・・・やっぱりグダグダ。

ポパイは出来るコなんだとつい数時間前喜んでたのに、

出来るコのはずだったのに・・・・。

他の飼い主さんには毎度毎度笑われっぱなし。

病院へ行くと何もしてないのに毎度毎度ドーーーーっと疲れるアタシ。

ひとりでコレのお守してると全体力と気力を放出したかのように疲れる。

友達などはブツ取り手術を知ってえらく心配してくれて
「思わず病院へ応援に行こうかと思った」と嬉しい事を言ってくれたが、
いや、ほんと、マジで来て欲しかったわ・・・。

・・・・応援隊の参加随時募集。

画像 652

もうちょっとしっかりしてくださいよポパイ。




アフガンハウンド ポパイの日常 | comment(12) |


<<カフェ犬 変犬 | TOP | ブツ男再び>>

comment











管理人のみ閲覧OK


その後術後はいかがかな?
ポパイ君のレントゲン姿
想像したら笑えてきたよ~~
勝手に応援部隊、白黒茶取り揃えて
いつでも準備OKヨーー

2009/01/28 09:38 | ディアママ [ 編集 ]


お疲れさまでした~。
読んでるだけでbasilさんの疲れが伝わって来るよ~。
でも、ポパイくんもよく頑張った。偉いよ。
ニキはいつもの病院では過去3度ほどレントゲン撮ってますがもう慣れたもので(そんなもん慣れて欲しくない。しかも3度とも誤飲での撮影)無問題。
しかし、いつもの病院が休みの時に緊急事態発生で初めての病院に…もうパニック状態で鎮静かけてレントゲン撮影になった。
その鎮静の後遺症から2日立ち直れず凄く心配した思い出が(やはりアフガンに麻酔系は怖い)

方やディー、病院も大好き。
先生にも「みなディルフィーちゃんみたいだと楽なんだけど」と、言われる。
足の付け根にイボが出来ていてそれが大きくなってきていて、他のことで病院行ったのに先生いきなり「採っちゃいましょうか?」
麻酔とかするのかと見ていたら、先生糸を持ち出しそれをイボに巻きつけブンと引っ張りたちまちイボ切除完了。
その後にイソジン塗って「はい完了」
ディーも「キャン」とも言わない。
ディルフィーって、ディルフィーって……

2009/01/28 12:54 | ニキのはは [ 編集 ]


ポパイ君、本当はできる子なんだよね

ポパイ君、無事終わってよかったね
それにしても、甘えん坊のポパイ君。
やっぱりbasilさんがやさいくてすご~く面倒見がいいから、ついつい甘えちゃうんでしょうね
リアルに想像できます(笑
ポポよりもすごいかも?
いざという時は女の子の方が強いのかもね^^

うちも昔はそんな感じだったけど、
最近は常に2人の応援団付き^^なので
みんなそれぞれ心強いようです。
もっと近ければ、応援隊にぜひなりたいわ~

がんばれ!ポパイ君

2009/01/29 13:23 | michirun [ 編集 ]


ディアママへ

まだ糸取れないよーー
レントゲン姿、、想像するとホント笑えるよね^^
お注射シーズンにはまた応援隊一緒によろしくね!



2009/01/29 23:08 | basil [ 編集 ]


ニキははちゃんへ

ニキちゃんレントゲン問題なしとは、すばらしい。
でも知らない初めてのところは駄目なのね~~
やっぱ怖いよね。知らんおっさんになんかされるのは。
沈静剤、後遺症あったんですね。。。
ポパイのお友達の40キロ越えの超大型の子は、
飼い主さんが沈静剤はいらん!っていって、
沈静なしで、飼い主さんの介添えで、股関節ピーンとした素晴らしい完璧なレントゲン撮ってた。
飼い主さんさえいればどんな事でも我慢できるんだって~~~すごいね。

で、でぃーくんのそのイボ採り、すごい、
躊躇なく、ちゃっちゃと採ってしまったお医者さんもすごいけど、ディーくんの鈍さ・・・じゃなくて、痛みに強いとこもすごい。
ほんと、みんなでぃーくんみたいだったら楽だねー。でも鈍い・・・じゃなくて、痛みに強いから、怪我とかちょっと具合悪いのとか、見逃さないようにしなきゃ駄目なんだね~~病院好き・・・お母さんは楽で羨ましい^^

2009/01/29 23:15 | basil [ 編集 ]


みちるんさんへ

ぽぽちゃんのほうがきっと、ポパイよりずっとしっかりしてると思うよ。

でもね、本当応援団がいるのといないのと、
きっと全然違うんだと思います。
葵ちゃん達やディアママがいるときは
ビビリながらも私一人よりずっといい感じでした。
みんなで診察室から溢れんばかりにワイワイなんか楽しいし。
近くならみちるん家ももちろん一緒にいっちゃうよね^^

2009/01/29 23:22 | basil [ 編集 ]


勝手に応援隊

ポーくん ・・・・ 言ってみたくなるんよね「ピー」って
「ピー」って言ったらこの状態から開放されるかもって期待しちゃうんだよね?
「ピー」って鳴いたら パパやママがここから助けてくれるって信じてるんだよね
だから「ピー」って出ちゃうんだよね
でも本当はとっても強いこだから独りで出来ちゃうんだよね(これはママ達にはナイショにしときましょ)
今度病院いくときには何か勘違いしている黒い娘を付き添わせますわよ 是非ご連絡を!
(あいつは絶対に病院=遊びにいく場所、先生=お友達としか思っとらんですから~)

2009/01/30 17:05 | anita [ 編集 ]


anitaさんへ

この度はご心配頂いて~~ほんとにありがとうございました。
あのエンドレスの「ピー」どんだけうるさいか。
ポパイだけですから「ぴーぴー」言ってるの。大きな図体で、もー情けないったら。
あら、ララちゃん病院好きなの?!
やっぱりレトリーバー系アフガンなんだ^^;
勘違い娘でも、いいほうの勘違いだから~~ええな、かーさん楽で。
(本当に付き合ってくれる?電話するぞーー)

2009/02/02 14:20 | basil [ 編集 ]


ポパイ君はエライよ

頑張ってるじゃん。
十分良い子だよ
キースなんて・・キースなんて・・・
病院では完全予約
「来週キース注射なんで」・・・とお伝え
先生「キース・・・肝に命じておきます」てなもん
突然「具合が悪いんです(モモルーが)」なんて言おうものなら
「キースじゃないよね??」・・と確認される始末
そんなキースの注射は院内では不可能で
車のドアを全開にして先生が隠れて背後から接近
見えない内にチュッとする感じ
局部麻酔のみで手術が出来るルークの爪の垢でも
煎じてあげたい気分っス。
ポパイ君は良い子だ!

2009/02/03 19:35 | ルーP [ 編集 ]


ルーPさんへ

き、キースくんってキースくんて
そんなに・・・・??
おぅ。。ポパイがものすごく扱いやすい子のように思えてきます。
ルーPさんご家族の苦労を思うと
もう多くを望むのをやめようとまで思えますわ(;;)お気の毒・・・・
キーくん、もしかして逃げるだけじゃなくて
暴れるの?ガルルするの?下手すると先生の血で院内が染まるかもとか?
お医者さんも大変ですね。
ルークくんは局所麻酔で手術可!?すごい!えらい!
うちにもルークくんの爪の垢分けてください。

2009/02/04 22:37 | basil [ 編集 ]


OK!OK!

ほんまに電話 ぜんぜんOK!
いいほうに勘違い 確かにね^^;
病院に連れて行くのに苦労はないです 楽チンですハイ
注射とか点滴とかされてるのにね
何故か愛想をふりまき 帰るのイヤ~とやりやがる
本当のところは 少し前まで車が大っきらいで帰りの車に乗るの絶対イヤ!
その結果 病院に残ることを選んでたふしがありますが ・・・・

2009/02/06 23:08 | anita [ 編集 ]


anitaさんへ

先日ポパイまた病院行きになりまして、
ちょうどディア家もお一人さん病院行きで
病院待ち合わせの後、うちで久しぶりに庭遊びしてました。
いじけてたのも忘れて、皆大満足、しかもたぶん3ヶ月ぶりくらいだったので^^大喜びでしたよ。
ララちゃん車嫌い(酔い?)も克服できたみたいでヨカッタですね。車OKいなったらますます病院好きになっちゃいますね。
・・ほんと病院好きなんて・・・・しかも点滴も注射も大丈夫なんて。羨ましい・・

2009/02/09 13:11 | basil [ 編集 ]


| TOP |

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。