FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/21 (Fri) アフガンセキュリティーシステム

ポパイの唯一にして最重要の仕事は家の警備。

ちょっとでも不審な感の人が歩いていればサッと確認に走り
面倒なセールスもいい感じで撃退してくれる。
黒くてでかくてこんなに反応のいい犬がいれば悪いヤツも近付かないでしょう。

画像 715

夫も深夜に帰ってくれば、タクシーが家の前で停まると同時もしくは玄関を開けると同時に
必ず吠えられてましたから。
ちょっとした物音や気配の変化にも敏感に反応してくれる。

ただ夏場は暑さを避けてポパイはほぼ家の中にいる為
庭に関しては警備が手薄になる。


*****


いつかの夏

ガレージの階段で猫が毎日昼寝をするようになった。
毛に艶はなく、汚れていて、痩せていて、野良だと判る。

画像 409
                                 (室内から撮影)
当時野良が多くて糞には困っていた。
ポパイの警備が行き届かない外部の花壇はもちろん
夏はポパイが庭に出ないもんだから猫が入ってきては芝生で糞をするのだ。

お昼寝野良猫。
安心して気持ち良さそうに寝ている姿をみて
追い払うなんて気にはとてもなれず放っておいた。
連日猫は階段に昼寝に訪れた。

と、ついに階段で糞をした。

こうなるとやはりご遠慮頂くしかない。
ごめんね猫。ここでは寝ないで。

道路からの進入路になっている塀に「猫反し」のボールやトゲトゲを置いた。
もうこれで入って来られないね。

しかしその翌日、

猫はまた寝ていた。

画像 411

障害物置いたのに、なんで?

画像 414のコピー

すると

画像 415のコピー

画像 416のコピー

画像 419のコピー

画像 420

画像 421

そうですか・・・・。





それならばと、今度は毎日の寝場所になっている所に
ステンレスボールにフェンスをわざと不安定にグラグラ動くよう設置。
これでもう寝れんだろう。



その日の昼間に確認すると

画像 423

フェンス握ってるし。

画像 426のコピー

いつごろからか、家の前の道路では一時多かった野良は見かけなくなった。
この子ももういないんだろうな。


*****


ポパイのいなくなってしまった去年の秋は
若い猫が天気のいい日によく南の庭で遊んでいた。
虫を捕まえようとしたり、水鉢に前足を入れてみたり、昼寝をしたり。
毛艶がよかったので飼い猫だろうか?


また

ポパイのバルコニーにから塀をみると

バルコニーの真正面の塀の上に熟れた柿とクスノキの実が綺麗に並べられていた。
なんのいたずらかと一瞬思ったが

画像 736

画像 712

これはカラスが置いていったもの。

ポパイがバルコニーにいればカラスもこんな事出来ないのに。



*****



ポパイは重要なセキュリティー要員。

ポパイがいてくれるからと、いつでも安心していられた。
家の中にいても、庭にいても、散歩をしてても。 いつでも。

画像 744

いなくなってからは施錠に照明の点灯等々、必要以上に神経を遣っている。



ごろごろ寝てばっかりで

おいしいの頂戴と催促ばっかり文句ばっかりで

画像 445 

何もしていないようでも

いないとどうにも不安で

ポパイにはやっぱりうちにいてもらわないと困るのです。

画像 316のコピー


未分類 |


2010/12/18 (Sat) ポパイのいない庭

ポパイの最後の写真はラーナくんが遊びに来た時にyayaさんが撮ってくれたもの。 

7月11日のポパイ。あの日のたった20日前。

そうか、このときは
 
10-07-11-10[1]aのコピー

明るい色のマンダリンが随分ワッサリと伸びてたんね。



心の友と

おケツとおケツを合わせて

10-07-11-00[1]のコピー
                                   
・・・・・・・・幸せー。


*****


ポパイが入院してから、ポパイが死んでから
カーテンは締め切り、光も遮って、見事なまでの引き篭もり。
人に接触する事はもちろん外の空気を吸うことさえも怖かった。
とにかくすべての刺激を避けてひとりでいることでバランスを保とうとしていた。
集中力は皆無。ただソファーと一体化。

ポパイの入院中は時間が経つのがとてつもなく怖かった。
ポパイが死んでから後は時間が経つ事だけを望んでた。

どんだけ名前をよんでも待っててもポパイが駆け下りてきてはくれない庭は
怖くて怖くて窓から眺める事さえも出来なかった。

でも庭の池と水鉢にはお魚がいるので庭にも行かなければ。
ビオトープとはいえ時々はごはんもあげている。

ポパイが死んで数日後、お魚にパンくずを持って行った。
パラパラとパンをあげながらぼんやり水面を見ていると
どうも魚影が今までと違う事に気がついた。 どう見ても数が多い。
黒い小さな魚が増えてる?見間違い?
いや、やっぱり増えた?ほんとに?
まさか増えるとは思ってなかったのと
なんかよく分からない小さくて黒いのがチョロチョロチョロチョロ泳いでるのが可笑しくて

可笑しくてひとり池を眺めながら笑ってしまった。


ポパイが死んですぐ、友だちが
「ぽーくんの体はお空にのぼって行ったけど、魂はお家にいると思う」
そういってくれた。

チョロチョロ泳ぐ黒い小さいのを見ながらそれを思い出した。

ポパイは家にいる・・・そう思うのもいいかもしれないなって思った。
家の中にいてほとんど動けない私に、いつもどおり今日も庭に下りたポパイが
「お庭に来んか」と遊びに誘ったような気がした。

私を庭に連れ出すためにポパイが魚の赤ちゃん連れて来た?
って、そんな訳はないのは分ってるけどそう思ってみるのもいいかもしれないと思えた。




今年の蓮はもう鉢が小さすぎるのでしょう、
ひょろひょろの細ーーーいのが2本だったか3本だったか咲いただけ。

画像 605 

温帯性の青い睡蓮はついこの間までポコポコ次々と花を咲かせてくれた。

ポパイがポパイの時を止めたと同時に私も時間を止めたように暮らしてたけど



悲しいけど

画像 616  

何もなかったように確実に時は進んで季節は流れてるんだな。


未分類 |


2010/11/15 (Mon) POPEYE POPEYE POPEYE

どこからが現実なのか、やっぱり長い長い夢だったんじゃないのか。
ずっとずっと現実と夢の間を行ったり来たりしてるような感覚です。
まだ納得できてません。まだ悔しくてたまりません。

でもいつかは認めなければなりません。
いつかは区切りをつけなければなりません。
そう思って書いていても涙が溢れてどうにもなりません。
書くことでひとつ前へ進む努力をしようと思います。


Safari 015a


ポパイ、

2010年8月1日早朝、 私たちの元から旅立ち

永遠の眠りにつきました。


   
闘病中もポパイはずっとずっといい子でした。
自分の状況を理解し、ただ静かに耐えました。
ポパイは最期までポパイらしく
ポパイはポパイのままでした。


生前ポパイを可愛がって下さった皆さんありがとうございました。
ネットを通してポパイを見ていて下さった皆さんありがとうございました。

ポパイの親元サクレー様、素晴らしい子をありがとうございました。
この子と出会えて私達の生活は楽しく豊かで忘れ難いものとなりました。

ポパイは私の宝ものでした。
2004年にホームページを立ち上げたのはこの子が生きた証を残す為でした。
こんなにもちっぽけな命のポパイだけれど
ここに記すことで少しでも多くの方に愛されて欲しかったからです。


Safari 016c
         SACRAE JP'S BLACK VICTORY  /   POPEYE



ポパイという名のアフガンハウンドが
皆さんの心のほんの片隅にでも記憶される事は私にとっての幸せです。


未分類 |


2008/06/20 (Fri) アフガンハウンド里親募集

アフガンハウンド(♂)里親募集中 岐阜県

決まりました

未分類 | comment(2) |


2007/08/23 (Thu) アフガンハウンド里親募集

殺処分前にセンターから引き出され
新しい家庭を探しているアフガンハウンド(♀)がいます。


決まりました

未分類 |


<< back | TOP | next >>

mayo

  • Author:mayo
  • アフガンハウンド ポパイ ♂
    2002年6月9日静岡県生まれ大阪育ち
    兵庫県南部在住

    ポパイのホームページ
    I'm POPEYE the afghan hound

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

近頃のポパイ

***

メールフォーム

ポパイへのメッセージ゙はこちらへ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ポパイのブログ内で探す

***


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。